基本情報 Edit

画像名前ミナギ
ミナギ.png初期レアリティ
タイプ近接
属性
CV種﨑敦美
入手方法初期加入
実装日2019/11/26(火)
ステータス(初期/レベル50時の最大値)
戦力HP攻撃
115/6,900576/39,60038/2,640
特性
名前効果(レベル10時)
クムナカラザの血【攻撃速度:並】【攻撃回数:2回】攻撃ダメージを受けた時、隣接する味方のHPを600回復
死中求渇
(★★★で解放)
自身のHPが50%以下になった時、自身にダメージカット60%(永続)(累積無し)を付与
連撃
名前段階消費気力効果範囲効果(レベル10時)
龍血陣1□□□□□
□■□□□
■〇■□□
□■□□□
□□□□□
自身に最大HPの20%のダメージを与え、範囲内の味方全体を2,800回復
1□□□□□
□■□□□
■●■□□
□■□□□
□□□□□
範囲内の味方全体を3,000回復

(契約Lv5で解放)
1□□□□□
■■■□□
■●■□□
■■■□□
□□□□□
範囲内の味方全体を5,200回復し、攻撃力ダウンを解除
+ 契約後画像&扇画像

特性詳細 Edit

+ クリックで展開

連撃詳細 Edit

+ クリックで展開

覚醒 Edit

+ クリックで展開

契約 Edit

+ クリックで展開

ボイス Edit

+ クリックで展開

ゲームにおいて Edit

特性について Edit

クムナカラザの血 Edit

回復量が他の似たような特性に比べて低い様に見えるが、「攻撃ダメージを受けた時」であるが故に状況次第ではそれら以上の回復量を見せることも多い。しかしながら対象に自身が含まれていない点には注意。

また、発動条件は「攻撃ダメージを受けた時」であって「攻撃を受けた時」ではないことは覚えておきたい。
例え攻撃を受けても、ダメージ無効や回避、ダメージカット100%によって相手からダメージを受けなかった場合には発動しない。
また、攻撃以外のダメージも対象外。
毒、火傷、帯電、自傷ダメージ、かばうのダメージがそうである。
具体例として、毒付与の連撃を受けた際、連撃のダメージに対しては発動するものの、それ以降の毒による継続ダメージに対しては全く発動しない。
作中での説明はないが、知っておくと良いだろう。

死中求渇 Edit

条件付きである分、ダメージカット率は非常に高い。
また、一度発動すれば回復しても(HPが50%以上に戻っても)効果が続くので、積極的に狙っていこう。
ミナギを運用する際には、最優先で上げておきたい特性である。

連撃について Edit

初段には自身への回復効果は無く、自身には自傷のみである点に注意。
初段の自傷ダメージでミナギのHPが0になった場合は、弐段目以降に繋ぐことは出来ない。
味方への回復量で考えても、打つ際は弐段までしっかり繋げたい。
尚範囲の関係で斜めの味方は参段まで回復出来ない為、実質後衛は一人しか回復出来ないことにも注意が必要だろう。

固定値の回復連撃としては、参段目まで含めればかなりの回復量である。
しかし「自傷」の部分が曲者で、回復量は固定値にも関わらず、自傷ダメージは「成長に比例する」のだ。
正確には、自身の「最大HP(灯幻鏡含む)の1/5のダメージ」を受ける。
レベルにもよるが、参段目の回復を含めても尚ダメージが上回る状況が考えられる。
弐段までしか解放されていない内は、ほぼ確実にミナギ自身のHPは連撃開始時よりも下がると考えて良い。
ミナギを運用する際、特に勝利条件の関係でミナギの生存を目指す際には、どれくらい自傷ダメージを受けるのか、また連撃後のHPはどのくらいになるのかという部分を意識する必要があるだろう。

また参段目に関してだが、回復量・範囲が向上するだけでなく貴重な攻撃ダウン解除が付いている。攻撃ダウンをかけてくる相手は多く、特に開幕の永続ダウンは非常に厄介なので極力解放しておきたい。

育成方針 Edit

回復役として起用するなら、特に序盤の内は連撃が最優先。
『クムナカラザの血』はレベルを上げてもそこまで回復量が増える訳ではない。

『死中求渇』が開放された後は、こちらを優先しよう。
連撃でもダメージを受け、特性では自身を回復出来ないミナギだが、この特性が育っていれば十分な耐久力を見せてくれるだろう。

ガチャ産☆1と異なり、「5.ヌルスラ流民窟」のノーマルステージを全てクリアで御魂を170個手に入れることができる。

総評 Edit

本作のメインヒロインにして、二人の初期キャラの片割れ。
一見すると純粋なヒーラーの様相だが、前衛かつ重いデメリットのある連撃から他のヒーラーに比べて癖が強い印象で、育成の進まない序盤は特に使いづらい印象が否めない。

しかしながら彼女の真の性能は覚醒3を達成した先にあり、特性の『死中求渇』を解放してからが本番。

その後の彼女の役割とは、ヒーラーよりのタンクとでも言うべきものである。
『死中求渇』はダメージカットを付与する特性の中でも特にカット率が高く、HPよりのステータスと相まって耐久力が格段に向上する。
ある程度敵の攻撃が集中しても耐えられる様になるだけでなく、『クムナカラザの血』と合わせることで、壁役としての味方への被弾軽減と回復によるダメージの軽減の両方をこなすことが出来るようになる。
実際の運用としては、中央で先述の役割をこなしつつ、敵の連撃を自身の連撃で回復するという形が理想的か。

覚醒3までの育成という、ハードルあるが、それさえ叶えば他のキャラクターにも見劣りせず、以降も主力として運用するに十分な性能を発揮する。
幸い初期キャラということもあって、アクタ程ではないにせよ育成は行い易い部類。
余裕があれば、育てて損は無いキャラクターと言える。

連撃はHPを削る割に、回復量が低く連撃参の攻撃力ダウンの解除目的以外で使う意義は薄い。
HPを50%以下にするための調整としては活用可能なので覚えておこう。

ダメージカットのウルトリィや同じようなタンクのルルティエ、或いは強力な回復役のエルルゥと組み合わせることで、驚く程耐久力のあるパーティーが組める…かもしれない。
とは言えこのゲームの性質上、より重要なのは火力であり、耐久力が高くとも勝てないことは忘れずに。

おすすめ灯幻鏡 Edit

巨海月枕
・永続ダメージカット&正面の敵の攻撃力ダウンと、効果が非常に噛み合っている。
攻撃ダウンは突破しないと得られないが、星2なので比較的強化しやすいのがありがたい。

女官の修行
・開幕でダメージ無効とダメージカットを付与し、連撃時にもダメージ無効を付与してくれる。
その為第2特性が発動するまでと、自傷によって弱体化しやすい連撃後の両方をカバーしてくれることになるので好相性と言える。

死人に口無し』『極上湯々快々
・被撃時に相手に状態異常を与える鏡。
敵に耐性がない限り、攻撃されれば割合ダメージを与えられるので、火力に貢献できるようになる。

また春が来る』『せせらぎ、移ろい』等、連撃初撃全体回復の鏡
・回復効果のある鏡を持たせることで連撃初撃の回復力を上げつつ、連撃壱によるミナギの負担を下げることができる。
ついでに、状態異常解除もできるとなおよし。

季節巡りて
季節限定鏡だが、連撃弐段発動で自身の回復とかばう付与がタンク役であるミナギとよく噛みあう。特に限界突破をしていれば、20%回復するため、ミナギの自傷ダメージを帳消しにできる。これを利用して、HP70%以下から初段でHP50%以下の特性を発動し、もとのHP+αに戻すといったことも可能である。ちなみにかばうのダメージにもダメージカットが有効。

慈愛の午后
こちらも連撃弐段の自身の回復があるため、前述の通り有用である。移動効果は発生しないが、最前線効果が戦闘開始時に得られるため、タンクとしての役割を補助してくれるだろう。

性能比較 Edit

前衛で回復能力がある存在としてユズハが登場。
前衛としての攻撃能力では大きく劣り、連撃初撃による回復力、気絶解除ができるなどの点が優秀。
一方こちらは、強力なダメージカットが永続である点、被ダメによる周囲への回復力や、連撃参まですべて回復であるなど、タンク兼ヒーラーの能力ではこちらに分がある。
解除できる状態異常が違うため、相手によって使い分けよう。

小ネタ Edit

妹を強く想う“姫”と呼ばれる心優しき少女。
逃れえぬ一族の運命に翻弄されていたが、
アクタとの出会いから今一度、運命に立ち向かう。

キャラミッション Edit

+ クリックで展開

キャラストーリー Edit

+ クリックで展開

コメントフォーム Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • ★★ 契約3 +117 +701 +47 -- 2019-12-11 (水) 01:52:14
    • ★★ 契約4 +117 +702 +47 -- 2019-12-11 (水) 01:54:55
      • ★★★ 契約5 +163 +972 +65 -- 2019-12-11 (水) 01:57:11
      • ★★★ 契約6 +161 +972 +64 -- 2019-12-11 (水) 01:59:16
  • とりあえず自身が使った感触も含めて一通り書きました。どうしても長くなってしまったので気になった方は修正をお願いします。また、連撃の部分ですがダメージ量がこれで合っているかは自信が無いです…。一応覚醒3・連撃レベル5では実際に確認を取りましたが、それ以前はダメージ計算が違う可能性もあります。間違っていれば、こちらも訂正をお願いします。 -- 2019-12-19 (木) 02:00:32
    • おつかれさまです -- 2019-12-19 (木) 07:58:49
    • ありがとう! -- 2019-12-20 (金) 14:15:48
    • 正直あまり強くないので貴重な素材を使ってまで育成するべきか悩んでましたが、パッシブスキルの死中求渇で化けるとわかって育成することにしました。総評参考になりました、感謝! -- 2019-12-29 (日) 00:07:10
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-28 (木) 15:15:31